はいはいゴルフスイング


年始の打ちっ放しに行ってきた。 年末の課題であったショートアイアンを練習した。 Pのハーフで110ヤード飛ぶようになったので大満足だ(^_^)v 疑問点が二つあった。 一つはインパクトの時にどこに力がかかっているのか? もう一つは、インパクトの時にどうすればヘッドに力が集中するのかということだった。 結論から言えば、インパクトでは、左腰(尾てい骨)に体重が乗りグリップがその下にあるイメージだ。 グリップは前に出さず脚に近い方が良い。その方が腰が安定し、ヘッドが走るからだ。 これで全くシャンクしなくなった。 インパクトでヘッドに力を加えるためには、 ヘッドで地面を押す練習がいる。 それから、左手甲を目標に向ける。 アンコックするときに、グリップエンドに向けてヘッドを振り下ろす。 コックしたまま、ボールに向かってグリップエンドとヘッドを通過させる。 するとグリップはヘッドが右足のボールに来たときには左足の前まで移動している。 グリップを右足の前で止めようとするのは間違いである。 ダウンスイングで考えねばならないことは二つである。 グリップエンドに向けてヘッドを振り下ろすことと、そのあと、インパクト時にヘッドに最大の力が加わるように左手を使うことである。 このときのインパクト時の左手の甲の角度が重要である。 今日の時点では、はっきりとつかめなかった。これは課題である。  ショートアイアンでは、テークバックがよくわからなくなる。 左腕が水平になった時グリップエンドにヘッドの重さが感じられなければならない。 始動は右腰内股を少し沈める(右腰を切るというのだろうか?) その反動で手は勝手に上に上がって行くが、そのままだと左肩の付け根にヘッドの重みを感じることが出来ない。 そこで、両手が後方に動くのを止めるように左肩に反対方向の力を加えるとうまくバランスがとれる。 これも大事なコツである。          

ゴルフスイング パソコンと音楽創造する



レッスンメニュー/電話をかける/メールで問い合わせ

こんにちはゴルフレッスン講師大崎です。

ゴルフスイングにおいて簡単のようで、実は難しいことがあります。

セットアップ状態から、テークバックをする初期動作です。

セットアップ時にしっかりと足を踏ん張りながら、背筋で上半身をねじることにより、捻転力を使ったスイングが行えます。

しかし、この初期動作は意外と難しく、腕(腕の反動)を使ってテークバックしやすいものです。

物理学上静止している状態からものを動かすのは、パワーが必要になります。

止まっている車を押すと、動き出すまでに、力が必要なのをご存知の方も多いですよね。
そこで足を固めて背筋を使う初期動作に、一つイメージを加えます。
『脇を締めるコツ 』で意識した肘です。

左ひじで脇を占めた状態で右に押すようにすると、左肩が回ります。

もちろん両手首はしっかりと固めておくことが必要です

初期動作で左ひじで少し力を加えてあげることで背筋を使ったテークバックの捻転がしやすくなります。
スコアーアップ
あなたなら絶対出来ます
上半身の捻転力でスイングしましょう

お読みいただきありがとうございました。

◆きっと見つかるあなたにあったゴルフ練習法(目次)
◆ゴルフ準備体操VTR
◆100切りゴルフ予備校最新レッスン
◆ワンポイントレッスン

◆町田でレッスン

◆スクールレッスン

◆1dayレッスン

◇電話をかける

◇メールで問い合わせ
100切りゴルフ予備校リアルレッスン
壁を乗り越えるためのお悩み、まずはご相談ください。
110切り100切り90切り80切りシングル到達まで、全ての壁を乗り越えましょう

◆ゴルフスクールレッスン
◆ワンポイントレッスン

◇100切りゴルフ予備校リアルスクールQ&A
◇レッスン感想

電話で予約:090-3105-7246
携帯でも使えるウェブフォームで予約・問合せ
海老名市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、藤沢市北部、横浜市西部、町田市南部、出張レッスン承ります.

100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム

⇒ 100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム