ゴルフスイングに若者が殺到している件について


ステップアップツアー参戦に挑戦している女子プロゴルファーと交流させてもらい、そのスイング動画を拝見させて頂いているが、言い古された「再現性の高いスイング」ではあるものの、その体内での「重心配分」がどのようになっているのかが重要問題なのだ。機械工学的にみて「軸設定」しない回転運動や振幅運動は常時「円弧」はブレるのである。「再現性が高いスイング」であっても「円弧」が常時ブレていたのではボールは左右に常時ブレるのだ。残念ながら「三半規管」を所持した人間は「軸設定」しないで回転運動や振幅運動が出来てしまう不幸が物事を解決しないようにしてしまう。画像のパク選手は自身の五体を物理的に動かしているだけで「円弧」は常時安定してしまうのだ。だから強い?のである。「機械工学を例に出すなんてナンセンス?」と炎上ぎみのコメントが多いが、地球上の物理は、その辺に転がる石ころも生身の人間も同一の物体でしか扱わない?


ゴルフスイングの黒歴史について紹介しておく


移転オープン日にたくさんのお花とお祝いをいただきありがとうございました?? いろいろ、西宮のときと変わっています。 例えば、紹介制度があります。 新しい会員様を紹介していただきますと、翌月の月会費が5000円引きに、誕生月の人は一回レッスン無料など、結果が出た人にもサービスがあります。 ホームページを見てご確認ください! #ゴルフ #ゴルフレッスン #ゴルフスイング #インドアゴルフ #インドアゴルフスクール #レフトペルヴィススイング #吉田直樹 #ゴルフ女子 #ゴルフ練習吉田 直樹 (プロゴルファー)さん(@naokiyoshidagolf)がシェアした投稿 - Jan 8, 2018 at 1:49am PST
100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム

⇒ 100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム