ゴルフスイングはじまったな


  

パターストロークに限りませんが、
飛球線に対し、真っ直ぐ動かすことが
ボールを真っ直ぐ飛ばすことでは
決してありません。

ゴルフクラブは 例えパターと言えども
ロフト角度とライ角度という
立体的な角度によって構成されています。
ですので リーディングエッジ(線)は同じ向きでも
ライ角度が異なるだけで
 こんなにもフェースの向きは異なるのです。

多くの人が 非常に強く意識しているスイングプレーン
スイングの軌道… これを真っ直ぐ動かそうとすること自体
クラブと人間のそれぞれの構造を無視していますし、
前述の通り、真っ直ぐ動かすことが 真っ直ぐいかせることでは
無いという認識が必要です。

で 本題に入ります。

スイングプレーンは
斜めに傾いた立体的なものです。

ですので スイングプレーン上をヘッドなり、
クラブが移動、進行すれば
それと並行して ヘッドの高さ(地面からの距離)も
当然 移動進行、変化します。
イメージとしては理解していても
多くの人が スイングプレーンを面であると分かっていても
その軌道がヘッドの高さ変化につながっていることを
忘れてしまっているようです。
意味が分かりにくいかも知れませんが、
つまり 体の回転でクラブを移動させれば
ヘッドは地面にあるボールに届くのです。
多少の、助力としての腕のサポートはあるでしょうが、
主たるヘッドの高さ変化を司るのは体の回転です。
にも かかわらず ヘッドを下に振ろうとする…。
この行為がスイングの中に入ってしまうと
それを行うために 本末転倒甚だしいですが
  必ず 体の回転は止まります。
体の回転が止まれば その高さ変化を作っている
  前傾姿勢は例外なく失ってしまいます。

と同時に 前傾姿勢なりに傾いた軌道
前傾姿勢を除けば、回転は横移動な筈なのですが、
ヘッドを下に振る動作が入った瞬間
その軌道は 大きく縦の運動に替わってしまいます。
というよりも この時点で
体の回転は軌道とは直接関係のない
 軌道を造るための発射台 になってしまうだけです。

もう一度 確認してください。
アドレス時に存在する前傾姿勢
この前傾姿勢とは 体の前面における
骨盤と大腿骨の角度差です。
背骨が猫背になっていることではありません。

にもかかわらず 骨盤を動かさず
背骨を捻ったら、その時点で 前傾姿勢は必ず消えます。
スイングプレーンをしつこく唱えているレッスンプロや
自称上級者に一度聞いてみたいのですが、

?その スイングプレーンとやらが
地面と平行の横でもなく、地面と垂直の縦でもなく
斜めに傾いているのは どうしてなのか?

?ゴルファーによって、番手などによって
 その傾き加減はどうなるのか?

?身長や構え方が違っても その傾き加減は同じなのか?

?もし違うのなら その傾き加減は
 何を基にしているのか?
☆おそらく 前傾姿勢を基にしている というでしょう。
?では 前傾姿勢。。。傾いている姿勢とは
どこがどこに対して傾いているのか?
☆下半身に対して、上半身 という曖昧な答えでしょう。
?では その下半身と上半身の境目はどこなのか?
☆股関節…と言うんじゃないでしょうか?

ならば なぜ 骨盤を動かさず、
背骨を捻るようなスイングを推奨するのでしょうか?
そうすれば 前傾姿勢が維持できると思っているんでしょうか?

そのスイングプレーンが 前傾姿勢を基にして
傾いているのならば、クラブは骨盤を動かして
移動させないと 意味ないんじゃないですか?

 ・・・一体全体 何を教えたいのか
 何をさせたいのか。。。私には理解不能です。

本来のゴルフスイング
ただ、ただ 手を使って真似ている
ゴルフスイングらしく見せること 
を教えているような気がしてなりません。
スイングプレーン…スイングの軌道にとって
一番大切な体の回転や前傾姿勢、
まして 体は何処を指すのか、
上半身と下半身の境目はどこなのか、
そんな基礎的な、そして大切な
それらを曖昧にしたまま、ただ「ゴルフスイング志向」に
ゴルファーを育てているだけのように思えます。

 まさしく 「本物志向」という胡散臭い世界 です。 

ゴルフスイングの送料無料の通販ショップ情報、とんでもない欲求にのお応えするショップもあります


今日は以前に「スーパーシニア」として紹介したTaさんと「練習しないで上手くなる」がモットーのKaさんとゴールデンクロスカントリーに来ました。
 今日もコースではアドレスの重要性を動画と静止画でチェックしていきました。
ゴルフコースは主にドッグレッグコースとストレートコースがあるのですが、ドッグレッグしている方が打ちやすいという方が多いのでは?
その理由は…
スタートホール(インスタートだったので)10番ホールは真っ直ぐなストレートのミドルホール。お二人のアドレスは…↓
二人とも見事に右を向いています。結果…ナイスショットにもかかわらず、右へあわやOBでした(*_*)
このようなストレートのミドルホールをフェアウエイ真ん中にアドレスするには…↓
このように黄色い線にアドレス(スタンスを取る)しなければなりません。でもそうすると、左の木の方を向いている気がします。 しかしながら、この感覚に慣れなければせっかくのナイスショットがOB(T_T)になってしまうかもしれないのでアドレスチェックはマメに行って下さい。 「いい当たりなのに右に真っ直ぐいってOB」なんて経験ありませんか?  単に右を向いている可能性がありますよ(((^_^;)
小生がゴルフスイングの「奥義」と位置付けてる事があります。それは…「前傾姿勢をキープする」です。筋力や柔軟性も関係しますが、ゴルフのミスを無くすには必要不可欠です\(^-^)/
お手本(小生ではありません)↓
見事に前傾姿勢に維持されてます。
Taさんはバックスイングで身体が起き上がりやすいタイプで、Kaさんはフォローで身体が起き上がりやすいので、ここが良くなれば、エージシュートも夢ではありません。\(^-^)/
Taさん動画   本当に80歳とは思えないパワフルなスイングです。今でも200ヤードは軽く飛びます(もっと飛ばそうとしてたまに力みますが…)

Kaさんの動画  いつも明るくプレーするKaさん。ミスをしても冷静沈着…ゴルフは紳士のスポーツの代表のような方

二人の動画

お二人とラウンドすると、小生も人として成長できます。ありがとうございました(^.^)(-.-)(__)

Keep your posture angle as much as possible
ゴルフ修行僧 星野P
100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム

⇒ 100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム