ゴルフスイングのマニア必見!セレブ達と同じ様な商品を持ちたいなら激安通販ですね




こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
トップの位置で左腕を上手く使うと
グリップが身体の正面の力を伝えやすい場所に
誘導しやすいです。

目安は右肩の前ぐらいにグリップがある事なのですが、
そこに位置するには左腕の二の腕が
飛球線と平行な位置をイメージして
トップを作る事が大切です。

左腕を後ろに運びすぎない様に
注意して練習してみてください。

時計仕掛けのゴルフスイング


こんにちは。

連続投稿失礼致します。

前回おさまらなかった内容の続きを。
もう少しあったのですが
それを入れるとなぜかアップできないので
次のテーマに行きたいと思います。。
リリースの動きを抽象化

前々回の記事で抽象化について話をするといったので
その件についても。

人間、大脳が発達してるので
手先/肘から先だけで精緻な運動ができます。
よっぽど鈍臭くなければ
手先だけで丸めた紙をポイっと
ゴミ箱に投げ入れられます。
体幹の関与は特に必要なし。
「リリースする」というのは
「支持させる」、尺骨側に軸を持って支える、
のと逆の「橈骨側で操作する」側の動きですが
エネルギーを手先にリリースする際は
この“リリース”を邪魔してはいけません。
つまりクラブを持ち続けるのではなく
放り投げる感覚が必然です。
冒頭のピッチャーのイメージですね。
エネルギーベクトルが地面を向いていると
ローテが入って押してから解放です。

タメからの放り投げる動作/リリース動作がしなやかに柔らかく起こってくると
「螺旋」を描くようになります。

リリースにはこの螺旋がセットです。

その投げる距離が長くなってくれば
肩甲骨の連動が入り
関節のポジションが良ければ
それに体幹が連動してきます。
それらの感覚が良ければ
例えば足圧の移動なんかを意識するだけで
全身が連動したりします。

プロレベルでも
下半身がスピンアウトしたり(日本の女子プロに多いですかね、、)
振り遅れ気味になる選手はいますが(ジムフューリックとか、、)
まあスピンアウトすると振り遅れます。
トップの股関節のポジションと
切り返した時に左右の肩甲骨のポジションは
まあまあきちんと取ってきます。
関節のポジションをしっかり取れない選手はただ
思い切り球をぶっ叩こうとすれば
曲がるので
飛距離は出せない選手が多い傾向はあると思います。

最初に色々見てきたように
他のスポーツの一流選手を見ても
リリース動作に関しては
多少見た目が違えど
共通する部分があり
ダイナミックな運動をしても
上半身の運動の根幹はまず変わりません。
そして一流選手に共通する部分として
この“上半身の動きを邪魔する事なく”
下半身、体幹のエンジンを乗せていく必要があります。
その際に
関節を気付かないうちにロックしてしまったり
身体を浮かしてしまっているので
リリースが難しくなってしまいます。
そうやって力んでしまう人に
シャフト/腕を回せというと
引っ掛けるイメージが出てしまいます。
他のリアクションスポーツなどと違い
小さなボールをヘッドが棒の先っちょについた道具で当てようとする時に
ゴルファーはどこかで身体をロックしたくなります。
師匠もよく言ってますが
1ミリも身体/特に肘から先をロックするフェーズは作りたくはありません。
色んなリリース系のスポーツで
ゴルフほど運動中
身体を固めたくなる人が多いスポーツはないでしょう。

筋肉が発達する以前のジュニア期から始めたゴルファーが
大方いいスイングなのは
このロックする事、力でなんとかしようとすることが殆ど無いからと言えます。

我々指導者は
このどのスポーツでも基本共通の
「リリース」という現象を抽象化し
本質を理解した上で指導する必要がありますね!!
年明けにリリースのワークショップをやろうと考えていますので
興味のある方は引き続きブログなどをチェックしてください^ ^

また、現場で指導を受けたい方は
こちらまで↓