あっ!ゴルフスイング


現在、リリースの動作について悩み中です。 JGM宇都宮ゴルフクラブでのJGMオンコレ合宿時に撮っていただいた動画を見ながら、悩んでいます。   山本プロの秘密兵器を使って、しなりを感じるポイントとしなりを作る動きをデモとして見せていただいた時、自分の動作に対して違和感を感じたのです。 ダウンスイングにてシャフトが地面と平行になった際のヘッドの向きと、シャフトがしなる方向、自分のイメージしている動きと何かが違う気がしたのです。
 JGMオンコレ合宿は、なんとなく山本プロの真似をして終わってしまったのですが、一週間以上経った今、再び違和感を感じ始めました。 ドライバーショットでは右ひざの前に手が来た時、ちょうどこの辺りでリリースをイメージしているのですが、リリース動作が正しくない為に右プッシュのミスが治らないのではないかと悩んでいるわけです。
 素振り用クラブを握り、シャフトが地面と平行になった位置でヘッドの向きと、シャフトがしなるべき方向について考え、もしかすると、私は無意識にリリースと称して、下方向に手首を返しているのではないかと疑念を抱いているのです。
 これにより、気づかぬうちにフリックしてしまい、インパクト時にヘッドが開いているのではないかと考えているわけです。 山本プロのデモを思い起こし、リリースは右手の小指を支点に横方向にローテーションする動作のことを指すのではないか感じているわけです。

 腕と手首の角度維持し続ければ、ヘッドは手首より下にあるわけですから、自然にボール位置に戻ってきてくれるのではないかと、推測しています。
 このリリースを正しくマスターできれば、ハンドファーストでインパクトを迎える私のドライバーショットも改善できるのではないかと迷走中なのです。
 フォローでの腕の位置を見ると、そんなに悪くない方向に出ていると思うのですが、どうすれば良いのかと、素振りを繰り返す毎日です。 止まっているボールを狙った場所へ運ぶ、この目的のために行うゴルフスイングは奥が深いですね。

フランスでゴルフスイングが流行っているらしいが


さて、今回は、アイアンショットの基本は再認識のお話です。

ということで、、、、
最近アイアンを変えてから、薄めのショットが多いなと思っていました。

それで、いろいろ原因を考えていたのですが、どうも、インパクトでのハンドファーストが弱まっていたようです。
これもちょっと思い当たる節があり、実は、アイアンを変える前のショットの時に、アイアンの弾道が低くなっている感じがして、ボールの位置を左寄りに変えたほうがいいというアドバイスもあり、いろいろ試行錯誤していたのですが、そのイメージでハンドファーストインパクトが出来なかったみたいです。
さて、、、では、クラブによってハンドファーストインパクトは変わってくるのでしょうか?
今、販売されているクラブでハンドファーストインパクトが必要なアイアンは、かなり少なめだと思っています。
実際に、今僕が使っているPRGRのTUNE01CBは、ハンドファーストインパクトが必要なクラブです。
このクラブは、払い打ちで、インパクトでシャフトがまっすぐという形ではちゃんと芯に当たりません。 ティーアップしないと当たらない感じになります。
これが、ハンドファーストでインパクトすると、ロフトが立って、クラブをまっすぐな状態でのスポットの位置よりも、スポットが低くなるのでちゃんと芯に当たる感じになります。
逆に低重心過ぎるクラブになると、
ハンドファーストインパクトだと芯より上に当たりやすくなり、自然とハンドファーストが弱まります。
低重心のアイアンのいいところは、ヘッドスピードが速くなくてもボールが上げやすいというところと、芝が薄いようなライでも、ちゃんとスポットに当たるところですね。

特にハンドファーストでなければならないということもありません。いわゆるすくい打ちでも、ちゃんとスポットに当たります。

逆にデメリットとしては、ラフなどボールが浮いた状態の場合、フェースの上に当たると飛距離が落ちやすいということがあります。
一方、重心が高めのアイアンは、メリットとしては、ラフで浮いた状態のボールでもフェース上に当たっても飛距離が落ちにくいということがあります。

デメリットは、ダウンブローに打てないと薄いライでは、スポットの下に当たり、飛距離が落ちます。

一般的にヘッドスピードが速くないとボールが上がりません。
そして、、、低重心アイアンは、ハンドファーストでロフトを立てて打たなくても、ヘッドのロフトが元々立っているアイアンが多く、ちゃんと飛距離が出ます。

一方、高重心アイアンは、ヘッドのロフトを設計で立てると、ハンドファーストでさらにロフトが立つことになり、思った弾道の高さが出にくいところから、ロフトが寝ているアイアンが多いです。

だから、ハンドファーストで打てるのであれば、ロフトが少ないアイアンは、あまりあわないように思います。
タイガーなどは、7番アイアンで、7度ほどロフトを立ててインパクトしています。

今、7番アイアンで180ヤード飛ぶと宣伝されている飛び系のアイアンも7番で、25度というものもあります。

プロの使うアイアンは、概ね7番で33度~35度くらいでしょうか? しかし、実際のインパクトロフトは、27度~29度程度なので、まあ、プロもスイングで飛び系のアイアンのようなロフトでボールを打っているということですね。
逆説的に言えば、ハンドファーストで打てないアマチュア向けにロフトを立てたアイアンをメーカーが開発したということになりますね。
とはいえ、ストロングロフトのアイアンを僕は、否定しているわけではありません。

7番で25度のクラブもいいと思います。ハンドファーストがいいと言ってもヘッドスピードが速くないとタイガーのように7度もロフトを立ててインパクトすれば、ボールは上がらないことになります。

ハンドレートはダメですが、ハンドファースト1度とか、2度でも僕はいいと思います。そして、ゆるやかなダウンブローで打てれば、ストロングロフトのクラブでもうまく打てると思います。

つまり、、、ロフトによってハンドファーストの度合いが変わるということです。
これは、プロでも同じです。  

7番でロフトを7度立てているからと言って、4番でも7度立ててインパクトしてるかといえば、それほどでもありません。

極端な話をすれば、ドライバーで7度ロフトを立てて打っているプロは誰一人としていません。
簡単に言えば、クラブによってハンドファーストの度合いを変えて打っているというのが、ほとんどというわけです。
また、これが、ゴルフスイングを複雑にしているところでもあります。
よく、すべての番手で同じスイングで打つのが理想というのがありますが、僕は、あまりそういう思いはありません。

基本の動きが同じスイングであとは、クラブや、打ちたい弾道によって調整するほうが、自然を相手にするゲームとしては、対応力に繋がるように思うからです。 みなさんは いかがですか?  ということで、、、ゼクシオ テン アイアンの詳細情報はこちら!!!
 
100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム

⇒ 100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム